保育士の転職方法、良い保育園に出会うためのコツとは?

保育士転職サイトに無料で登録して、良い転職を!

保育関係の求人数は国内トップクラス!

登録1分!転職を考えて悩んでいる方は、まず無料で相談してみましょう!

保育士の転職をするならココ!

保育士転職の方法とは?3つのカタチ

 

 

保育士の転職方法

 

 

 

保育士を転職する・・・ 初めての場合はもちろん、この先に対する不安あるいは期待が入り混じった状態でのスタートになる事がほとんどになると思います。

 

明確に言えることは、「就職活動と転職活動は全く異なる」という事です。

 

ここでは保育士転職の方法について考えてみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

保育士の転職方法は大きく3つ

 

保育士として転職するため、あるいは職場を探す方法としては、大きく3つに分かれます。それぞれについての方法をまとめてみました。

 

 

ハローワークを使う方法

 

まず一つ目です。全国どこにでもあって、一番メジャーな方法がハローワークです。どんな職業にも当てはまる転職方法で、求人数もそこそこあります。登録する保育園側の負担も少ないのと、地元の求人も集めやすいという事が最大のメリットで、一定の需要があります。

 

ただ、応募する企業側も無料で登録できるのと、条件によっては「補助金」を受けられることから、、いわゆる「ブラックな園」が登録している事もあります。
条件を満たしていれば、基本的にハローワークでは実際の監査などは行わないので、そんなリスクも考えておいた方が無難です。

 

ある程度の求人数はありますが、「求人の質」という部分ではあまり期待できない事もあるので、チェックはしっかりとしておいた方が良いと思います。

 

ハローワークは地域密着型の公共機関なので、地域に沿った求人が多いのが魅力の一つです。上手な利用方法としては、新しい求人が月初又は月曜日の更新されることが多いので、その時を狙ってチェックするのが効率的でしょう。

 

実際に希望する求人が無い場合は、時間をかけて待つしかないのがハローワークのデメリットと言えます。ある程度の時間がかかる事も考えておいた方が良いでしょう。

 

 

自分で探す方法

 

二つ目ですが、自分で探す方法です。

 

メリットとしては、他の人に口出しされることなく自由に転職活動できる事です。
自分から積極的に動いて、いろいろな保育園などに出向いたり、ホームページなどを調べて問い合わせをする事が必要になります。知り合いがいれば、紹介してもらうのも良いでしょう。

 

積極的に動いていける人には良いと思いますが、なかなか思うように進まないということも覚悟しておかなければなりません。

 

転職理由がはっきりしている人が、この方法を選ぶ場合が多いですが、自力で求人を探すとなると、それは相当な時間と労力をかけていく事になります。

 

デメリットとしては、求人内容が良いのか悪いのかの判断であったり、特に募集している園の環境や人間関係については、ほぼ情報を得ることができないところです。
外面的な事でしか判断する事ができないことが多いので、より注意が必要です。

 

 

保育士転職サイトを使う方法

 

最後3つ目ですが、転職サイトを使う方法です。最近はネットを使って保育士転職をする方法が一般的になりつつあります。

 

保育士転職サイトは、豊富な求人がある事と、細かい情報が得られるのが魅力です。
求人情報や、園の雰囲気、あるいは保育園自体の評判なども含めて、担当するコンサルタント又はコンシェルジュが対応してくれます。
転職先の情報を細かく知ることができるのが最大のメリットで、給料などの待遇面の交渉や、転職した後のフォローもしてくれます。

 

デメリットとしては、地方によっては求人の数が少な目になってしまう事で、登録されている保育関係の仕事も、都市部が多くなっている傾向があります。

 

とはいえ、ハローワークよりも「保育」の仕事での求人数は圧倒的に多いですし、専門の求人サイトなので、「質」の良い求人も多くあります。保育関係の採用側も登録料を払ってまで募集しているので、本気度が違います。
登録するのはどのサイトも無料なので、一度登録しておくことをおススメします。

 

希望条件や保育園の詳しい情報を教えてくれるというメリットはすごく大きいです。
さらに、面接の設定や条件面の交渉などと転職が成功するまでフォローしてくれるのも心強いですね。

 

 

 

 

保育園を辞めてから・・・は避けましょう

 

 

責任感の強い保育士さんならではなのかも知れませんが、「今の保育園をきちんと辞めてから転職を・・・」という方が意外に多いんです。

 

ただ、それではせっかくチャンスがあってもみすみす逃してしまう事にもなりかねません。自分の可能性をつぶしてしまう事にもなります。

 

転職しようと思ったからには、必ず何かの原因があるはずです。
それを、まずは自分の中にしっかりと落とし込んで、決めることが大切な事です。

 

「保育園を辞めてから探そう」というのは危険です。どのような転職方法だとしても、それなりに時間がかかるという場合が多いのが現状です。

 

一番時間がかからずに情報を得られるのは、保育士転職サイトです。
良い転職を実現させるためには、その道のプロに聞くのが一番の近道と言えます。
自分の可能性、もっと良い環境に出逢うための手段として、活用していくのが賢い使い方と言えるでしょう。

 

保育士の転職方法を3つに分けて考えてみましたが、最終目標は「自分にとって良い環境で働けること」になると思います。自分にあった転職方法を選択して、良い職場に出会えるように動いていきましょう!

 

 

 

 

 

 

◆この記事も読まれています

 

 

>>保育士転職サイトの選び方

 

>>保育園を辞めたいと思ったときに・・・

 

保育士の転職活動を簡単にする方法とは?


無料で使えるおススメの保育士転職サイトを2つご紹介します。

どちらもタイプが違うので、複数に登録してみるというのも、
理想の職場探しの近道になるといえますね!





保育エイド


保育士,転職,復職,求人,方法,サイト ,保育園,

働きやすい環境の保育園を目指すならココ
・保育士さんの働きやすさを重視した求人が多数アリ!
・専属のコーディネーターが、最も良い条件の転職をかなえてくれます。


働きやすい職場が多数! 【保育エイド】







保育ひろば


保育士,転職,復職,求人,方法,サイト ,保育園,

たくさんの求人から理想の職場を探したい!
・保育士求人数は保育士転職サイトでもトップクラス!
・非公開求人など、収入アップにつながる求人がたくさんあります。


収入アップを目指すなら 【保育ひろば】







少しでも良い条件の保育士転職をするならなら、
「保育エイド」と「保育ひろば」の2つはチェックすることをおススメします!

タイプも違うので、当然同じ求人ばかりではありません。
なので、2つに登録してしまうのも一つの方法です
なんといっても無料で使えるのが最大のメリットですよね!





関連ページ

保育士転職したいと思ったときの選択肢
保育士から転職したいと思ったときに、何を考えるでしょう。保育関係に転職するのか、別の職業に転職するのか、またはもう少し頑張ってみるのか。 保育士としての自分について考えてみましょう。
保育士が転職する時期はいつごろが良いのか?
保育士が転職しようと思ったときの悩みのひとつに、いつごろから転職活動を始めれば良いのか? という事があると思います。年度末まで働いていては、良い求人も逃してしまいます。さて、どうすればよいのでしょうか?
保育士の再就職 希望する職場に行きましょう
保育士が再就職するときにまず考える事とは何でしょうか?今は保育士不足もあるので、保育士の再就職は難しくありません。自分の希望を考えるのが優先です。
保育士転職を成功させるポイント
保育士転職を成功させるためにはどうすればよいのか? 転職成功の事例を参考に、失敗しない保育士の転職について考えてみましょう!
保育士転職サイトの選び方
保育士の転職サイトは本当に色々あります。 どれが本当に良い転職サイトなのか?分かりずらいと思います。そんな迷いを解消するいくつかのポイントを検証します。
保育園を辞めたいと思ったときに・・・
保育士を転職する前に、今いる保育園を円満に退社するのはとても大事な事です。 トラブル無く退社する方法とコツを紹介していきます。
転職サイトの非公開求人って?
保育士専門求人サイトでよく目にする「非公開求人」とはなんなのでしょうか?なにかメリットがあるものなのでしょうか?
保育士転職の理由って?
保育士転職の理由はどういったものがあるのでしょうか?それぞれあるとは思いますが、実際に辞めるに至った現実とは?
保育士の資質?
保育士になるために必要な資質とはなにか? 一般的に言われていることをいくつかに分けて解説します。
保育士の職場選び 転職の時に考えるべき事
保育士が転職するときに重要なのは、やはり職場選びだとおもいます。良い職場に出会うために考えるべき事と、ポイントとは?

 
保育士から転職するためには・・・ 保育士転職したいと思ったときの選択肢 保育士転職サイトの選び方