保育形態は多様化している

保育士転職サイトに無料で登録して、良い転職を!

保育関係の求人数は国内トップクラス!

登録1分!転職を考えて悩んでいる方は、まず無料で相談してみましょう!

保育士の転職をするならココ!

保育形態は多様化している?

 

保育の仕事も多様化

 

 

ここ最近は、待機児童の問題もあって、保育士の働く場所も多様化しています。
それを証明するのが、認可外保育園の増加です。

認可外保育園推移 (参照 厚生労働省)

無認可保育所などとも言いますが、認可外保育園も最近はいろいろな工夫がなされるようになり、認可保育園と比べても、その差は縮まってきていると言えるでしょう。

 

 

 

 

 

最近増えている保育士の求人

 

企業・事業所内で保育士として働く
一般企業から病院内、大都市圏の商業エリア、在宅保育まで、働く女性支援、子育て支援の一環として託児施設を設置する事業者が年々増加しています。
◆企業内保育 企業などが従業員なために設置した保育施設
◆院内保育 病院などの職員の子供に対しての保育
◆駅型保育 鉄道会社などが駅ビルなどの施設内に解説している保育施設
例としては、このような形があります。

 

 

 

病児保育

保育所などに通っている子どもが病気になった時、保護者が仕事を休めない場合に、代わりに病気の子どものお世話をする保育サービスです。
一般に、医療施設併設型・保育所併設型 ・センター型・訪問型などが存在します。
決まった時間での勤務の場合が多いので、主婦などの復職で人気となっています。

 

 

 

ベビーシッター

自宅や民間の託児所、企業などでの保育を行うサービスです。
資格が無くても依頼さえあれば働けるのでますが、保育士資格があれば尚よしです。
場合によっては幼稚園や保育園の送迎、習いごと教室へのお見送りなども担当します。

 

 

 

商業施設 内の預かり所

大型の商業施設では、買い物中に子供を預かってほしいという声が多く、一時的に保育を行う託児ルームが設置されているところが増えています。そこでの保育施設での保育を請け負います。
特に都心では多くみられます。

 

 

テーマパーク

シーズンイベント 遊園地やテーマパークでは、ベビーセンターなどを設置していることがあります。園内でに設けられたセンターでの保育や、迷子になった子どもの保育を行います。またスキー場などでも託児所が設置されている場合があるので、経験と資格を活かし、シーズン限定でリゾートで働くことも出来ます。

 

 

 

チャイルドマインダー

0歳〜12歳の子どもを対象にした家庭的な保育です。
イメージとしては、普段の親御さんの家庭の教育をそのまま引き継いでいく感じです。
イギリス発症のこの資格は、某芸能人たちが取得したことで最近人気急上昇です。
基本的な部分はベビーシッターと似ていますが、チャイルドマインダ―を名乗るには、資格が必要になります。

 

 

 

 

 

保育士転職,復職,求人,理想,コツ,保育園保育士も仕事の形態を選ぶ時代へ

 

上記に挙げてきたものは、一例にすぎません。条件がそろえば独立した保育を行う施設などをたちあげることも可能ですし、認可外保育園、認定子供園も含めると、さらに選択の幅は広がっていく事でしょう!
保育士不足と言われる今こそ、その可能性はひろがり続けています

 

 

 

 

 

保育園、幼稚園、認定こども園の違いは?

保育士の転職活動を簡単にする方法とは?


無料で使えるおススメの保育士転職サイトを2つご紹介します。

どちらもタイプが違うので、複数に登録してみるというのも、
理想の職場探しの近道になるといえますね!





保育エイド


保育士転職,復職,求人,理想,コツ,保育園

働きやすい環境の保育園を目指すならココ
・保育士さんの働きやすさを重視した求人が多数アリ!
・専属のコーディネーターが、最も良い条件の転職をかなえてくれます。


働きやすい職場が多数! 【保育エイド】







保育ひろば


保育士転職,復職,求人,理想,コツ,保育園

たくさんの求人から理想の職場を探したい!
・保育士求人数は保育士転職サイトでもトップクラス!
・非公開求人など、収入アップにつながる求人がたくさんあります。


収入アップを目指すなら 【保育ひろば】







少しでも良い条件の保育士転職をするならなら、
「保育エイド」と「保育ひろば」の2つはチェックすることをおススメします!

タイプも違うので、当然同じ求人ばかりではありません。
なので、2つに登録してしまうのも一つの方法です
なんといっても無料で使えるのが最大のメリットですよね!





関連ページ

保育士の求人状況は?
保育士の求人状況を知っていますか?現在どのような働き先があるのかを分かっておくと、実際自分が転職する時に役立ちます。こういった事をおさえる事も、保育士転職には大切です。
ブランクのある保育士の復職
ブランクのある保育士の復職は、マイナスな事はありません! むしろ今の状況としては潜在保育士は必要不可欠な存在になっています。ブランクを、むしろプラスに考えていくべきだと言えます。
保育士不足と待機児童問題
保育士の復職は、待機児童問題と関係がある? 待機児童を減らすためにどのような施策が練られているのか?保育士不足と言われている今、改めて検証します。
保育園、幼稚園、認定こども園の違いは?
保育士資格も幼稚園教諭免許もどちらも取りやすくなっている?保育園と幼稚園と認定こども園。 具体的には何が違うのか?比較して検証していきます。
保育士の働ける場所は?
保育士資格があると色々な場所で働くことが出来ます。 保育園だけではなく、様々な働き先があります。 保育士という経験を生かした転職先にはどんなところがあるのでしょう?
慢性化する保育士不足
潜在保育士の復職をうながしつつ、保育士不足が慢性化しつつある理由について、説明していきます。厚生労働省の資料を参考に、考えていきましょう!。
保育士に復職する人しない人。潜在保育士の現状
ここ数年保育士不足と言われています。保育士に復職している人もいますが、もう復帰はしたくないという人もいます。いくつか声を集めてみました。
保育士転職に年齢制限はある? 若さ? それとも経験?
保育士が転職するのに年齢制限はあるのか?転職を考える時期はさまざまですが、転職するのに優ルナノは、若さなんでしょうか?それとも経験なのしょうか?

 
保育士から転職するためには・・・ 保育士転職したいと思ったときの選択肢 保育士転職サイトの選び方