保育士の働ける場所ってどんなところ?

保育士転職サイトに無料で登録して、良い転職を!

保育関係の求人数は国内トップクラス!

登録1分!転職を考えて悩んでいる方は、まず無料で相談してみましょう!

保育士の転職をするならココ!

保育士の働ける場所は?

 

保育士が働ける場所は?

 

 

保育資格は、0歳児から小学校に就学する前までの乳・幼児の保育を許される厚生労働省管轄の国家資格です。
子供と関わる仕事をしたい人にいまだに根強い人気があります。
保育施設の充実が図られているため、今後さらに保育士の活躍の場が拡がると考えられています。
保育士の資格があると、保育園のほかにも様々なところで働くことができます

 

 

 

 

 

 

 

公立保育園(保育所)

 

公立の認可保育園で働くには公務員試験に合格する必要があります。一次面接が筆記試験・二次面接が面接となるケースが多い様です。
高待遇のイメージが強い公立保育園ではありますが、最近では民営化される事例も多く、その数は年々減少傾向にあります。
嘱託職員採用では無く正規職員を目指す方にとっては狭き門かも知れません。

 

 

 

私立保育園(保育所)

 

大きく分けて、認可保育所と認可外保育所に分けられます。公立とは違い、独自のカラーを打ち出す園もふえています。
昨今の保育所不足に対応する為、各自治体独自の基準を設ける動きもあります。
待機児童が多くて認可保育園に入れない人にとってはとても重要な役割を果たしています。

 

 

 

助産施設

 

保健上必要なのに、経済的理由などで入院助産を受けることができないといった場合に、妊産婦が入所するところです。
保育士としての仕事内容は、新生児にお世話や保護者への子育てアドバイスなど、妊婦さんが安心出来る環境づくりがメインとなります。

 

 

 

乳児院

 

様々な家庭の事情があり、保護者のもとで生活することが出来なくなった乳児を育てる施設です。
保育士の仕事内容は、乳児を養育し、退院後の相談や援助を行います。

 

 

 

母子生活支援施設

 

母子家庭の母と子どもが入所出来る施設です。
保育士の仕事内容は、母子を保護して、自立の促進のためにその生活を支援し、退所後も相談その他の援助を行います。

 

 

 

児童厚生施設

 

児童遊園、児童館、学童施設などのことです。
預かりという側面もありますが、児童に健全な遊びを与えて、健康を増進する事を目的とします。

 

 

 

児童養護施設

 

何らかの理由で、保護者のいない児童、家庭の事情などで養護を必要とする児童が入所出来る施設です。
幼児から20歳までの子供たちが入所し、退所後も相談や自立のための援助を行います。

 

 

 

知的障害児施設

計算や読み書きなど、知的障害のある児童が入所しています。
保育士の仕事は、児童を保護し、独立自活に必要な知識技能を与えます。

 

 

 

盲ろうあ児施設

 

盲児やろうあ児(目や耳が不自由な児童)が入所できる施設です。
幼児から20歳まで利用でき、その間児童を保護し、独立自活に必要な指導又は援助します。

 

 

 

肢体不自由児施設

 

上肢、下肢又は体幹の機能の障害のある児童に対しての施設になります。
児童を治療するとともに、独立自活に必要な知識技能を与える事を目的としています。

 

 

重症心身障害児施設

 

重度の知的障害と重度の肢体不自由が重複している児童を預かる施設です。
保育士の仕事内容は、児童を保護するとともに、治療及び日常生活の指導をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育士の働き方は一つではない

 

上記に挙げただけでもかなりの職種があるのが分かると思いますが、他にもまだまだあります。言えることは、転職先は無数にあるという事です。

 

保育園や幼稚園に勤める事だけが保育士の道ではないのです。

 

自分に合った、というのは語弊があるかもしれませんが、興味のあるものに目を向けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

保育形態は多様化している

保育士の転職活動を簡単にする方法とは?


無料で使えるおススメの保育士転職サイトを2つご紹介します。

どちらもタイプが違うので、複数に登録してみるというのも、
理想の職場探しの近道になるといえますね!





保育エイド


保育士転職,復職,求人,理想,資格,ブランク,

働きやすい環境の保育園を目指すならココ
・保育士さんの働きやすさを重視した求人が多数アリ!
・専属のコーディネーターが、最も良い条件の転職をかなえてくれます。


働きやすい職場が多数! 【保育エイド】







保育ひろば


保育士転職,復職,求人,理想,資格,ブランク,

たくさんの求人から理想の職場を探したい!
・保育士求人数は保育士転職サイトでもトップクラス!
・非公開求人など、収入アップにつながる求人がたくさんあります。


収入アップを目指すなら 【保育ひろば】







少しでも良い条件の保育士転職をするならなら、
「保育エイド」と「保育ひろば」の2つはチェックすることをおススメします!

タイプも違うので、当然同じ求人ばかりではありません。
なので、2つに登録してしまうのも一つの方法です
なんといっても無料で使えるのが最大のメリットですよね!





関連ページ

保育士の求人状況は?
保育士の求人状況を知っていますか?現在どのような働き先があるのかを分かっておくと、実際自分が転職する時に役立ちます。こういった事をおさえる事も、保育士転職には大切です。
ブランクのある保育士の復職
ブランクのある保育士の復職は、マイナスな事はありません! むしろ今の状況としては潜在保育士は必要不可欠な存在になっています。ブランクを、むしろプラスに考えていくべきだと言えます。
保育士不足と待機児童問題
保育士の復職は、待機児童問題と関係がある? 待機児童を減らすためにどのような施策が練られているのか?保育士不足と言われている今、改めて検証します。
保育園、幼稚園、認定こども園の違いは?
保育士資格も幼稚園教諭免許もどちらも取りやすくなっている?保育園と幼稚園と認定こども園。 具体的には何が違うのか?比較して検証していきます。
慢性化する保育士不足
潜在保育士の復職をうながしつつ、保育士不足が慢性化しつつある理由について、説明していきます。厚生労働省の資料を参考に、考えていきましょう!。
保育形態は多様化している
保育士の求人が多様化しています。 今までとは状況もかなり変化しつつあるという事を例を挙げながら解説します。保育園だけではない、保育士の働き方とは?
保育士に復職する人しない人。潜在保育士の現状
ここ数年保育士不足と言われています。保育士に復職している人もいますが、もう復帰はしたくないという人もいます。いくつか声を集めてみました。
保育士転職に年齢制限はある? 若さ? それとも経験?
保育士が転職するのに年齢制限はあるのか?転職を考える時期はさまざまですが、転職するのに優ルナノは、若さなんでしょうか?それとも経験なのしょうか?

 
保育士から転職するためには・・・ 保育士転職したいと思ったときの選択肢 保育士転職サイトの選び方