ブランクのある保育士の復職について

保育士転職サイトに無料で登録して、良い転職を!

保育関係の求人数は国内トップクラス!

登録1分!転職を考えて悩んでいる方は、まず無料で相談してみましょう!

保育士の転職をするならココ!

ブランクのある場合の保育士復職

 

 

保育士にとってブランクは・・・

 

 

 

一度保育に対してブランクが開いてしまうと、再就職は難しいのでは・・・
といった様に、漠然と不安を抱えている方も多いと思います。
そういった不安や、保育士の復職は難しいと感じてしまう要因はどういったものでしょうか?

 

実際に、保育士が復職、または職場復帰することになにか問題点はあるのか?
現場の声を交えて検証してみましょう!

 

 

 

 

ブランクのある保育士の復職で心配な事は

 保育士転職,ブランク,復職,求人,潜在保育士,保育園,新しい保育の知識、および保育業界の変化に対応できるか

 

 保育士転職,ブランク,復職,求人,潜在保育士,保育園,体力的に落ちているのではないか?

 

 保育士転職,ブランク,復職,求人,潜在保育士,保育園,ブランクがあるための、技術的な面での不安

 

 保育士転職,ブランク,復職,求人,潜在保育士,保育園,保育士と家庭の両立ができるのか?

 

 保育士転職,ブランク,復職,求人,潜在保育士,保育園,年下の保育士などと、うまくやっていけるのか不安 

 

 保育士転職,ブランク,復職,求人,潜在保育士,保育園,採用の基準も、ブランクがマイナスになるのではないか

 

 

保育士としてブランクがある方の悩みや不安で多いのは、上記にあるような事がほとんどです。しかし、実際はそんなに悲観した物ではありません
現在は、保育士不足という事もあって、むしろブランクがある方の保育士の復職が増えてきています。

 

 

 

 

 

 

 

保育士転職,ブランク,復職,求人,潜在保育士,保育園,ブランクがあっての復職は実際どうなのか


 

 

結婚・出産などによるブランク

 

ブランクが長い事を気にして復職に消極的な潜在保育士の方も多いとは思いますが、採用する保育園側として、実はこうした人たちを高く評価している面もあります。
特に出産などを機に現場をはなれたという方なら、その経験が保育士として逆に高く評価されますし、即戦力となります。例えば、病児の扱いなども自身の経験と重ねることで、必ず生きてきます。

 

 

 

経験のある保育士の復職は定着率が高い

 

実際に保育士の復職を果たした人は、保育の仕事に対する動機や意識が新卒者よりも明確な分、定着率が高いというデータもあります。
新たな保育園で一から学び直そうという姿勢と、新しい知識を吸収しようという柔軟性があれば、ブランクがあっての復職も必ずうまくいく事でしょう。

 

 

 

コミュニケーション能力やマナーを理解している

 

一度保育の現場を離れ、異業種で働いた経験のある方の場合、社会人としてのコミュニケーション能力やマナーなどの、保育士だけでは習得できないスキルを持っているといえます。
業務の効率化や保護者への対応などを含め、保育現場しか知らない人より力を発揮することが多いと評価されています。

 

 

 

現在の保育内容についていけるか

 

保育の方法については、保育園ごとに特徴があるので一概には言えませんが、
事実として保育士に期待される役割は変化してきています。
過去に学んだ保育方法が通用するのか不安に思うかも知れませんが、
ブランクがある・ないに限らず、そういったことはいつの時代も常にある事です。
柔軟に考えることが出来れば、復職に問題はないと思います。

 

 

 

 

 

 

実際の保育現場の方より〜 (神奈川県認可保育園勤務)

 

 

これまでに保育士に復帰している方を見ていると、社会常識もあり、経験もある。やる気のある方はパソコンも使えるようになってくれる、資格証をすぐ取るなど、反応が早い印象です。
現在は、潜在保育士だった方なくして現場が成り立たないとさえ感じてます。
正規の保育士も、彼女たちの仕事への取り組み方を尊敬しています。


 

 

 

 

 

保育士への復職

 

「保育士以外の仕事も経験したかった」「子どもが生まれたら育児に専念したかったので」「他に学びたいこともあった」…一度保育士を辞めた理由というのも、もう一度保育の現場に戻ろうと思ったきっかけも、さまざまだと思います。

 

 

保育士に復帰してやっていけるのか?今はそんな不安が大きいかもしれません。しかし、保育の現場から離れて経験したこと、そしてまた保育業界に戻ろうと決意したその決断は、きっと自分にとって大きな力になると思います。

 

 

当サイトでは、保育士の復帰先を探すためには、ハローワークにいくよりも無料で簡単な「保育士転職サイト」を使う事を おススメしています。
途中採用の情報なども豊富にあるので、参考にしてみてください! 
保育士としてブランクがあるから…と二の足を踏むよりも、まずは一歩、踏み出してみましょう!

 

 

 

 

 

 

保育士の働ける場所は?

 

保育士の転職活動を簡単にする方法とは?


無料で使えるおススメの保育士転職サイトを2つご紹介します。

どちらもタイプが違うので、複数に登録してみるというのも、
理想の職場探しの近道になるといえますね!





保育エイド


保育士転職,ブランク,復職,求人,潜在保育士,保育園,

働きやすい環境の保育園を目指すならココ
・保育士さんの働きやすさを重視した求人が多数アリ!
・専属のコーディネーターが、最も良い条件の転職をかなえてくれます。


働きやすい職場が多数! 【保育エイド】







保育ひろば


保育士転職,ブランク,復職,求人,潜在保育士,保育園,

たくさんの求人から理想の職場を探したい!
・保育士求人数は保育士転職サイトでもトップクラス!
・非公開求人など、収入アップにつながる求人がたくさんあります。


収入アップを目指すなら 【保育ひろば】







少しでも良い条件の保育士転職をするならなら、
「保育エイド」と「保育ひろば」の2つはチェックすることをおススメします!

タイプも違うので、当然同じ求人ばかりではありません。
なので、2つに登録してしまうのも一つの方法です
なんといっても無料で使えるのが最大のメリットですよね!





関連ページ

保育士の求人状況は?
保育士の求人状況を知っていますか?現在どのような働き先があるのかを分かっておくと、実際自分が転職する時に役立ちます。こういった事をおさえる事も、保育士転職には大切です。
保育士不足と待機児童問題
保育士の復職は、待機児童問題と関係がある? 待機児童を減らすためにどのような施策が練られているのか?保育士不足と言われている今、改めて検証します。
保育園、幼稚園、認定こども園の違いは?
保育士資格も幼稚園教諭免許もどちらも取りやすくなっている?保育園と幼稚園と認定こども園。 具体的には何が違うのか?比較して検証していきます。
保育士の働ける場所は?
保育士資格があると色々な場所で働くことが出来ます。 保育園だけではなく、様々な働き先があります。 保育士という経験を生かした転職先にはどんなところがあるのでしょう?
慢性化する保育士不足
潜在保育士の復職をうながしつつ、保育士不足が慢性化しつつある理由について、説明していきます。厚生労働省の資料を参考に、考えていきましょう!。
保育形態は多様化している
保育士の求人が多様化しています。 今までとは状況もかなり変化しつつあるという事を例を挙げながら解説します。保育園だけではない、保育士の働き方とは?
保育士に復職する人しない人。潜在保育士の現状
ここ数年保育士不足と言われています。保育士に復職している人もいますが、もう復帰はしたくないという人もいます。いくつか声を集めてみました。
保育士転職に年齢制限はある? 若さ? それとも経験?
保育士が転職するのに年齢制限はあるのか?転職を考える時期はさまざまですが、転職するのに優ルナノは、若さなんでしょうか?それとも経験なのしょうか?

 
保育士から転職するためには・・・ 保育士転職したいと思ったときの選択肢 保育士転職サイトの選び方