保育園、幼稚園、認定こども園の違いは?

保育士転職サイトに無料で登録して、良い転職を!

保育関係の求人数は国内トップクラス!

登録1分!転職を考えて悩んでいる方は、まず無料で相談してみましょう!

保育士の転職をするならココ!

保育園と幼稚園と認定こども園

 

 

認定こども園はいいとこどりだけど・・・

 

 

保育園と幼稚園。どちらも子どもが通う施設ですが、違いはあるのでしょうか?
更には、保育士の求人にもみられる認定こども園というものもあります。比較的新しいカテゴリーとなる認定保育園。
他の保育施設とはどういった違いがあるのか、おさらいしながら見ていきましょう。

 

 

 

 

 

保育園

 

保育園は厚労省の所管になり、児童福祉法に基づいていて、福祉施設という扱いになります。
なんらかの理由で、日中、家庭で日常生活を送ることができない乳幼児を、保護者に代わってこどもを保育する施設です。0歳〜小学校就学前までの乳幼児が利用できる事になっています。

 

 

昼間、保護者が家に居られないため、保育園でその時間をあずけるという事がメインの施設です。
利用時間は朝早くから夜遅くまで、各家庭の必要に応じて対応している場合が多いのも最近の保育園の特徴です。
1日の保育中で、午前中には幼稚園と同様に学習活動もしています。給食があるというのも特徴になります。

 

 

幼稚園

 

幼稚園は文科省の所管になり、学校教育法に基づいて教育を行うところで、広い意味で学校と同じ扱いになります。 

 

 

家庭で日常生活を送っている幼児が、健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする施設です。主に、3歳〜小学校就学前までの幼児が利用できます。基本的に入園に条件はなく、保育料も園によってさまざまです。 

 

利用時間としては、午前中のみや、お弁当の日も14時くらいまでが多くなっています。幼稚園では、音楽・おえかき・体操・おはなしや、園外・地域でのさまざまな活動をします。

 

 

 

認定こども園

 

保護者が働いているかどうかに関わらずに受け入れ可能な園になります。
国としての事務的な部分は、内閣府子ども・子育て本部というところで一元的に対応しています。

 

幼稚園所轄である文科省、保育園所轄である厚労省とも連携を図っての施設です。
一番の特徴としては、保育園と幼稚園の不足している部分を補っているところで、 
乳児の預かりもできるし、教育の面に力を入れる事も出来るというところです。
保育園と幼稚園の良い所を取り入れたといえる施設の運営が可能なので、保育時間の延長だとか、幅広い年齢の園児の受け入れもできます。 

 

ただ、待機児童解消に打たれたこの施策も、伸び悩んでいると言われています。 
認定こども園で働くには、保育士免許と幼稚園教諭免許の両方が必要な場合が多く、
そもそも保育士が不足していることもあって、普及率は今一ついったところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育士転職に有利な資格の特例制度

 

幼稚園教諭免許を持っている方が保育士試験を受験する場合は、筆記試験の一部と実技試験が免除されるので、比較的取りやすくなっています。

 

保育士免許がある方には、幼稚園教諭免許取得の特例制度といううものがあります。

 

平成27年度から施行予定の子ども・子育て支援新制度における『認定こども園制度』への円滑な移行・促進のため、平成31年度末(予定)までは、幼稚園教諭免許の取得条件に特例が適用されます。

 

 

保育士資格があって、なおかつ三年程度働いた保育士の方なら幼稚園教諭免許も比較的楽に取れるようになっています。詳しくは文科省HPまで。
(参考: 文部科学省ホームページ

 

 

 

最近少しずつ増えてきている「認定こども園」なのですが、まだまだ働く人、つまりは保育士と幼稚園教諭が足りないために増えていかない・・・。
というのが爆発的にふえていかない理由の様です。

 

まだまだ浸透していない部分も多いのが現状ですが、これからは徐々に増えていく事が予想される施設の一つです。これから保育士転職を考えているなら、転職先の一つとして考えてみる事をおススメします。

 

 

 

 

◆おススメ記事

 

>>保育士不足と待機児童問題

 

>>保育士が転職する時期はいつごろが良いのか?

保育士の転職活動を簡単にする方法とは?


無料で使えるおススメの保育士転職サイトを2つご紹介します。

どちらもタイプが違うので、複数に登録してみるというのも、
理想の職場探しの近道になるといえますね!





保育エイド


保育士転職,復職,求人,認定こども園,幼稚園,保育園,

働きやすい環境の保育園を目指すならココ
・保育士さんの働きやすさを重視した求人が多数アリ!
・専属のコーディネーターが、最も良い条件の転職をかなえてくれます。


働きやすい職場が多数! 【保育エイド】







保育ひろば


保育士転職,復職,求人,認定こども園,幼稚園,保育園,

たくさんの求人から理想の職場を探したい!
・保育士求人数は保育士転職サイトでもトップクラス!
・非公開求人など、収入アップにつながる求人がたくさんあります。


収入アップを目指すなら 【保育ひろば】







少しでも良い条件の保育士転職をするならなら、
「保育エイド」と「保育ひろば」の2つはチェックすることをおススメします!

タイプも違うので、当然同じ求人ばかりではありません。
なので、2つに登録してしまうのも一つの方法です
なんといっても無料で使えるのが最大のメリットですよね!





関連ページ

保育士の求人状況は?
保育士の求人状況を知っていますか?現在どのような働き先があるのかを分かっておくと、実際自分が転職する時に役立ちます。こういった事をおさえる事も、保育士転職には大切です。
ブランクのある保育士の復職
ブランクのある保育士の復職は、マイナスな事はありません! むしろ今の状況としては潜在保育士は必要不可欠な存在になっています。ブランクを、むしろプラスに考えていくべきだと言えます。
保育士不足と待機児童問題
保育士の復職は、待機児童問題と関係がある? 待機児童を減らすためにどのような施策が練られているのか?保育士不足と言われている今、改めて検証します。
保育士の働ける場所は?
保育士資格があると色々な場所で働くことが出来ます。 保育園だけではなく、様々な働き先があります。 保育士という経験を生かした転職先にはどんなところがあるのでしょう?
慢性化する保育士不足
潜在保育士の復職をうながしつつ、保育士不足が慢性化しつつある理由について、説明していきます。厚生労働省の資料を参考に、考えていきましょう!。
保育形態は多様化している
保育士の求人が多様化しています。 今までとは状況もかなり変化しつつあるという事を例を挙げながら解説します。保育園だけではない、保育士の働き方とは?
保育士に復職する人しない人。潜在保育士の現状
ここ数年保育士不足と言われています。保育士に復職している人もいますが、もう復帰はしたくないという人もいます。いくつか声を集めてみました。
保育士転職に年齢制限はある? 若さ? それとも経験?
保育士が転職するのに年齢制限はあるのか?転職を考える時期はさまざまですが、転職するのに優ルナノは、若さなんでしょうか?それとも経験なのしょうか?

 
保育士から転職するためには・・・ 保育士転職したいと思ったときの選択肢 保育士転職サイトの選び方