保育士転職に年齢制限はある? 若さと経験どちらが有利?

保育士転職サイトに無料で登録して、良い転職を!

保育関係の求人数は国内トップクラス!

登録1分!転職を考えて悩んでいる方は、まず無料で相談してみましょう!

保育士の転職をするならココ!

保育士の年齢制限 転職するとき知っておきたいこと

 

保育士転職の年齢制限?!

 

 

保育士が転職するとき、「スキル」や「経験」といった保育士としての「キャリア」は、有利に転職するうえで大事な部分になります。

 

それと同時に一つ挙げられるのは「年齢」です。
やっぱりある程度経験を積んだ方が良いのでしょうか?
それともなるべく早いうちに決断するべきなのでしょうか?

 

 

 

保育士転職に適した年齢は?

 

基本的には、年齢関係なく転職も復職もできます。
保育士の募集内容を見ても、年齢に関して制限をもうけているところはあまりありません。
今は保育士も不足しているので、保育士資格があればあまり問題なく転職できるでしょう。比較的ほかの業種に比べて転職しやすい状況といえます。

 

 

一方で、受け入れる側の保育園の募集を見ていくと、多少の矛盾があるように思います。
実際には年齢制限は記載してないのですが、保育所側の本音は少しズレがあるようです。

 

 

 

 

 

実は年齢制限が・・・

 

求人上では年齢制限はないとしても、内情は「なるべくなら若い方」というところが多いようです。

 

理由として最も多いのは、「結婚して退職してしまうのではないか?」という点です。確かに結婚適齢期の女性などは、そういう話も耳にします。寿退社というヤツですね。

 

新卒であまりに早い転職時期な場合を除いて、25歳以前が特に需要としてはあります。
実際に年齢制限を条件に出している保育所などでは、25歳までというところもありますし、体力的な事も考えて、30歳までに限定しているところも多くなっています。

 

やはり、「働いてもらうからには、長く続けてもらいたい」これが本音です。
なので、リスクになるような条件は排除しようとするんですね。

 

 

 

30歳以上や未経験は厳しい?

 

年齢制限ついては、求人を見るだけでは判断することができないのが現状といえます。

 

特にハローワークなどだと書類上でしか見る事ができないため、採用する気があるのかはわからないという事です。その点は、保育士転職サイトなどを利用して内情を調べてもらうのが良い方法です。

 

いろいろと傾向を見ていく限りでは、30際を超えると厳しくなっていくようです。
後は、25歳を超えて未経験という場合も避けられる場合が多いという事もあります。

 

これから結婚するような人だとか、すでに結婚して子供がいるような人は、転職や復職でも「様子見」されてしまうケースもあります。

 

 

 

まとめに

 

 

実際に年齢制限はないものの、もしも正規で保育士転職しようとおもうなら、30歳を超える前にした方が良いといえるでしょう。
25歳を超えて転職するなら、主任候補ぐらいじゃないと転職後も厳しい条件になりそうです。

 

何度も取り上げるように、保育士自体が不足しているので、職場探しは割と苦労することは無いかもしれません。

 

ですが、正規での場合はなかなか狭き門というのが現状となっています。
もちろん経験は重要視されるので、十分にアピールするべきです。

 

後は、保育園にこだわらず、院内保育とか、児童クラブなども視野に入れると、結婚後などでも働けるところはたくさんあります。ただ、その場合はパートや派遣なども考えていく事も必要です。

 

最終的に保育士に最も大切なのは、「熱意」です。
それさえ忘れなければ、転職したとしてもきっと良い方向に向かった行くはずです。
熱意は年齢を関係なくしていくものだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

保育士の転職活動を簡単にする方法とは?


無料で使えるおススメの保育士転職サイトを2つご紹介します。

どちらもタイプが違うので、複数に登録してみるというのも、
理想の職場探しの近道になるといえますね!





保育エイド


保育士,転職,復職,求人,理想,方法 ,保育園,

働きやすい環境の保育園を目指すならココ
・保育士さんの働きやすさを重視した求人が多数アリ!
・専属のコーディネーターが、最も良い条件の転職をかなえてくれます。


働きやすい職場が多数! 【保育エイド】







保育ひろば


保育士,転職,復職,求人,理想,方法 ,保育園,

たくさんの求人から理想の職場を探したい!
・保育士求人数は保育士転職サイトでもトップクラス!
・非公開求人など、収入アップにつながる求人がたくさんあります。


収入アップを目指すなら 【保育ひろば】







少しでも良い条件の保育士転職をするならなら、
「保育エイド」と「保育ひろば」の2つはチェックすることをおススメします!

タイプも違うので、当然同じ求人ばかりではありません。
なので、2つに登録してしまうのも一つの方法です
なんといっても無料で使えるのが最大のメリットですよね!





関連ページ

保育士の求人状況は?
保育士の求人状況を知っていますか?現在どのような働き先があるのかを分かっておくと、実際自分が転職する時に役立ちます。こういった事をおさえる事も、保育士転職には大切です。
ブランクのある保育士の復職
ブランクのある保育士の復職は、マイナスな事はありません! むしろ今の状況としては潜在保育士は必要不可欠な存在になっています。ブランクを、むしろプラスに考えていくべきだと言えます。
保育士不足と待機児童問題
保育士の復職は、待機児童問題と関係がある? 待機児童を減らすためにどのような施策が練られているのか?保育士不足と言われている今、改めて検証します。
保育園、幼稚園、認定こども園の違いは?
保育士資格も幼稚園教諭免許もどちらも取りやすくなっている?保育園と幼稚園と認定こども園。 具体的には何が違うのか?比較して検証していきます。
保育士の働ける場所は?
保育士資格があると色々な場所で働くことが出来ます。 保育園だけではなく、様々な働き先があります。 保育士という経験を生かした転職先にはどんなところがあるのでしょう?
慢性化する保育士不足
潜在保育士の復職をうながしつつ、保育士不足が慢性化しつつある理由について、説明していきます。厚生労働省の資料を参考に、考えていきましょう!。
保育形態は多様化している
保育士の求人が多様化しています。 今までとは状況もかなり変化しつつあるという事を例を挙げながら解説します。保育園だけではない、保育士の働き方とは?
保育士に復職する人しない人。潜在保育士の現状
ここ数年保育士不足と言われています。保育士に復職している人もいますが、もう復帰はしたくないという人もいます。いくつか声を集めてみました。

 
保育士から転職するためには・・・ 保育士転職したいと思ったときの選択肢 保育士転職サイトの選び方