保育士復職する人と復帰しない人。元保育士の現状

保育士転職サイトに無料で登録して、良い転職を!

保育関係の求人数は国内トップクラス!

登録1分!転職を考えて悩んでいる方は、まず無料で相談してみましょう!

保育士の転職をするならココ!

保育士復職する?それとも復帰は無理?

 

保育士を復職する人しない人

 

ここ数年、保育士不足と言われ続けていますが、保育士に復職する人としない人がいるのはなぜでしょう?

 

潜在保育士と言われている、元保育士。

 

復職しない理由は、やはり保育士の仕事内容と待遇が合っていないという事が多いようです。逆に、復職してからの方が働きやすいという意見もあります。

 

いくつかの「声」を集めてみました。

 

 

保育士,転職,復職,求人,理想,方法 ,保育園,

 

保育士に復職した人

 

「結婚を機に退職した後、子供に手がかからなくなったタイミングで復職しました。現在は公立の臨時職員として働いています。

 

それなりにお給料もいいですし、臨時職員のせいか持ち帰りの仕事もほとんどありません。働く時間や曜日も一人一人の希望に沿ってくれますし、お休みも取りやすいです。私が働いているところはベテランの保育士さんが多く、人間関係も楽です。

 

以前働いていた保育園が結構きつかった記憶しかなかったのですが、
今の職場はとても働きやすくて、辞めたいと思った事は今のところはないですね。
自治体によって違いもあるとは思いますが、やはり公立はおすすめです。」

※発言小町

 

 

「私は出産前までは、施設保育士として働いていました。
夜勤もある職場で、時間的にも家庭に影響が出そうだったので、そこは退職しました。
でもやっぱり保育の仕事は好きだったので、いつかは復職したいと思ってました。
一番下の子が1歳になった時に、パート保育士として復職しました。

 

復職と言っても、「休憩対応保育士」なので、
フルタイムの先生方が休憩を取る時間帯の2時間のみの勤務。
勤務とは言っても、園児がお昼寝中に危険がないかを見ているという役目。
もちろん持ち帰りの仕事もないし、とても楽です。

 

勤務時間は12時半から14時半までの2時間だけ。
下の子が小さいときは、その時間帯をお昼寝タイムにし、母にその時間だけ自宅で見ていてもらい、私が保育園から帰宅後に、母と交代。私にとっては理想的な生活が送れました。
子どもたちが保育園や小学校に上がった後は、午前中に家事や買い物を済ませ、
帰ってくる頃は自宅で子どもたちの帰宅を待つことが出来ます。

 

今では子どもたちが大きくなったので、夏休みでもこれ位の時間なら、3人で留守番をしてくれています。(私が仕事中の時間のみ、ゲームやテレビOK!)

 

そろそろフルで働かない?とも言われますが、今の勤務が良すぎてやめられません(笑)」

※発言小町

 

保育士,転職,復職,求人,理想,方法 ,保育園,

 

 

復職したくない元保育士

 

「保育士を退職してからは戻っていません。
理由は、復職した場合に自分の子どもの行事などに参加できなくなるからです。
運動会や学芸会などの大きな行事が重なってしまった時に、自分の子どもの方に行ってあげられないというのは嫌ですから・・・。

 

体力的にも大変だし精神的にもかなりキツイ仕事なのに、
収入も少ないですし…。

 

命を預かるような責任の重い仕事じゃなくても、保育士よりお給料がいいので
今は他の仕事をしています。 」

※発言小町

 

 

「潜在保育士とは言うけど、ほとんどの人は戻るつもりは無いのではないでしょうか?特に保育士の仕事に嫌気がさして辞めた場合は、「二度と戻るもんか」と思っていると思います。(自分はそうです・・・)

 

安い給料と重い責任。

 

私の偏った考えかもしれませんが、もっと保育士の負担が色々な面で改善されていかないと、潜在保育士が復職する事は無いと思いますね。

 

今では、日本のように安価で子どもを預ける制度がおかしいと思います。 」

※Yahoo知恵袋

 

保育士,転職,復職,求人,理想,方法 ,保育園,

 

 

こんな人も

 

「私の済む地域では、持ち帰りの仕事だとかはあまりありませんね。
人手不足といえば圧倒的に幼稚園なので幼稚園の先生をしている友人は
「毎日持ち帰りがー」って言っていますが保育士では聞いたことが無いです。

 

勤務時間にしても、臨時職員の保育士が早出・遅番・休出をするので
正規の保育士は、土日の早出や遅番なんかはありません。
勤務時間8:30-19:00というのは保育士じゃなくてもよくある話だし、
凄く忙しいというわけでもないですし。

 

受け持ちもありますが、大変なときはフリーの保育士が
すぐにヘルプに入れる体制なので、ゆったりと子どもとふれあうこともできます。
今時の保育園といえば、幼稚園を兼ねたような認定こども園化しているので、
教育に体操に音楽に茶道教室にと色々とやることは増えています。
でも、人が多ければなんとでもなるなぁというのが実感ですね。
幼稚園は復職はしたくないなぁと思います。
私の周りは幼稚園の方が人が足りなくて、子どもの相手も流れ作業みたくなってます。

 

こんな感じなので私は幼稚園には戻れないけど保育園には戻れるなと思って
戻りました。」

※発言小町

 

 

 

転職や復職も人によってさまざま

 

 

保育士に復帰する人しない人・・・。

 

保育の仕事に対してのイメージというのは、人によって違うという事が解りました。
保育士として働いてきた経験といいますか、最初に働くことになった職場というのが、大きく影響していると思います。

 

良いイメージのある人は復職したいと思っているし、逆に悪いイメージしかない場合は、2度と戻りたくないと思う人が多いようです。

 

保育士が転職する場合も、復職しようと考えた時も、それぞれ働く環境によって左右されるところは大きいです。

 

やはり「自分に合った環境」というのが一番大事だという事ですね。

 

 

 

 

 

 

 

保育士の転職活動を簡単にする方法とは?


無料で使えるおススメの保育士転職サイトを2つご紹介します。

どちらもタイプが違うので、複数に登録してみるというのも、
理想の職場探しの近道になるといえますね!





保育エイド


保育士,転職,復職,求人,理想,方法 ,保育園,

働きやすい環境の保育園を目指すならココ
・保育士さんの働きやすさを重視した求人が多数アリ!
・専属のコーディネーターが、最も良い条件の転職をかなえてくれます。


働きやすい職場が多数! 【保育エイド】







保育ひろば


保育士,転職,復職,求人,理想,方法 ,保育園,

たくさんの求人から理想の職場を探したい!
・保育士求人数は保育士転職サイトでもトップクラス!
・非公開求人など、収入アップにつながる求人がたくさんあります。


収入アップを目指すなら 【保育ひろば】







少しでも良い条件の保育士転職をするならなら、
「保育エイド」と「保育ひろば」の2つはチェックすることをおススメします!

タイプも違うので、当然同じ求人ばかりではありません。
なので、2つに登録してしまうのも一つの方法です
なんといっても無料で使えるのが最大のメリットですよね!





関連ページ

保育士の求人状況は?
保育士の求人状況を知っていますか?現在どのような働き先があるのかを分かっておくと、実際自分が転職する時に役立ちます。こういった事をおさえる事も、保育士転職には大切です。
ブランクのある保育士の復職
ブランクのある保育士の復職は、マイナスな事はありません! むしろ今の状況としては潜在保育士は必要不可欠な存在になっています。ブランクを、むしろプラスに考えていくべきだと言えます。
保育士不足と待機児童問題
保育士の復職は、待機児童問題と関係がある? 待機児童を減らすためにどのような施策が練られているのか?保育士不足と言われている今、改めて検証します。
保育園、幼稚園、認定こども園の違いは?
保育士資格も幼稚園教諭免許もどちらも取りやすくなっている?保育園と幼稚園と認定こども園。 具体的には何が違うのか?比較して検証していきます。
保育士の働ける場所は?
保育士資格があると色々な場所で働くことが出来ます。 保育園だけではなく、様々な働き先があります。 保育士という経験を生かした転職先にはどんなところがあるのでしょう?
慢性化する保育士不足
潜在保育士の復職をうながしつつ、保育士不足が慢性化しつつある理由について、説明していきます。厚生労働省の資料を参考に、考えていきましょう!。
保育形態は多様化している
保育士の求人が多様化しています。 今までとは状況もかなり変化しつつあるという事を例を挙げながら解説します。保育園だけではない、保育士の働き方とは?
保育士転職に年齢制限はある? 若さ? それとも経験?
保育士が転職するのに年齢制限はあるのか?転職を考える時期はさまざまですが、転職するのに優ルナノは、若さなんでしょうか?それとも経験なのしょうか?

 
保育士から転職するためには・・・ 保育士転職したいと思ったときの選択肢 保育士転職サイトの選び方