保育士求人の現状と働き先

空前の売り手市場!保育士の求人状況は?

 

 

保育士の求人は拡大傾向に

 

 

 

少子化と言われ始めてから久しくたちますが、保育士の求人状況はどうでしょうか?

 

意外にも、「保育士募集」という施設は、増え続けています。

 

少子化なのに、求人が増えているのは何故なのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

保育士の求人が増えている理由

 

まず、大きな理由としては、待機児童の問題があります。

 

結婚、出産後も働く事を選択する女性は年々増えていて、
今後も変わることは無いと思われます。。

 

そこで必要になってくるのが、「安心して子供を預ける場所」なのです。

 

国は、保育園と幼稚園のよいところを生かした認定こども園制度を導入させていますので、認可幼稚園が保育園の機能も備えた認定こども園へ変化している所も多くなっています。

 

また活躍の場は保育園以外にも企業の託児所やベビーシッターなどにも広がっており、保育士求人は今後も需要が伸びていく傾向にあります。

 

 

 

 

 

伸びていく保育士転職市場

 

また、保育士不足の解消のために、国が貸付制度を実施してiたり、
保育士資格が無くても働けるような、時限的措置を制定するなど、
「50万人の受け皿を作る」と国も躍起になっています。

 

結婚、出産、人間関係など、さまざまな理由があって、
1度保育現場から離れていたとしても、これから暫くの間は、
かなりの高確率で、保育士に復職することもできる状況だと言えます。

 

新卒から保育士としての正規雇用の就職はもちろんありますが、
働くスタイルの選択肢も広がり、パート・アルバイトでの求人も増加しています。

 

例えば、「認可外保育所」や「無認可保育園」での採用が、特に伸びていて、
保育に対するニーズが多様化している事もうかがえます。

 

保育士資格があれば、仕事先は色々と選択できる状況なのです。

 

 

 

保育士転職,復職,求人,理想,コツ,保育園,資格

 

 

 

保育士の転職先

 

保育士資格を必要とした仕事は、本当にたくさんあります。

 

参考ページ >>保育士が働ける場所とは?

 

単純に保育士から保育士に転職するだけではなく、保育園のような施設以外の場所への転職といったパターンも増えてきています。 
とはいえ、保育園での人手不足は深刻で、最近は保育士資格なしで勤務できるようにするための方法を模索するべく、国も条件の緩和を検討しているほど切迫しています。
こういった動きは、やはり賛否両論があるので、実現したとしても預ける側の理解がポイントになりそうです。資格を持った人、つまり「保育士」の信頼度が高いのはもちろん、「保育の質」を維持するためには「経験」をしてきた人が優遇されていくと思います。

 

 

保育士として転職するなら今がチャンス

 

数年前までは、完全に「買い手市場」だった保育士の求人事情も、
ここ最近では、「売り手市場」に変化しつつあるという事が言えます。

 

もし、あなたが保育園、幼稚園で働きたいと思っているのであれば、
今がそのチャンスである! という事です。
保育形態も多様化しているので、色々な施設を検討する事ができるという事は、保育士転職をする上で有利な事は間違いないと言えるでしょう。

 

転職はタイミングが一番大事なところです。チャンスがあれば、逃さない様に行動しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

◆合わせて読みたい

 

>>ブランクのある保育士の復職

 

>>保育士から転職するためには・・・

 

 

 

保育士転職,復職,求人,理想,コツ,保育園,資格


【保育士転職サイト比較】


厳選した保育士転職サイトをタイプ別に絞って紹介と解説をしています!もちろんすべて無料で使えるものばかりです。


転職サイトといってもどれも同じではありません。タイプの違いを見比べる事で、保育士として転職するためのヒントがきっと見つかるはずです。


自分に合っていないサイトに登録したとしても、あまりうまくはいきません。どんなにランキングで人気のあるサイトでも、大切なのは自分にとって良いサイトなのか?ということです。特徴を細かく説明しているのでじっくりと考えてみて、自分の理想と比較してみましょう。 
まずは詳細解説ページをチェック!



保育士転職,復職,求人,理想,コツ,保育園,資格保育士の収入を重視したい人は読む価値あります

※保育士コンシェル 詳細解説ページ >>高待遇の求人で選ぶなら! 


保育士転職,復職,求人,理想,コツ,保育園,資格
【保育士コンシェル公式ページ】

保育士専門の転職支援「保育士コンシェル」



保育士転職,復職,求人,理想,コツ,保育園,資格転職の情報が大事!という方は見てみましょう

※保育のお仕事 詳細解説ページ >>転職に役立つ情報満載のサイト


保育士転職,復職,求人,理想,コツ,保育園,資格
【保育のお仕事公式ページ】

保育士の転職は保育のお仕事



保育士転職,復職,求人,理想,コツ,保育園,資格保育士求人の質を求めたい人にはおススメ

※保育エイド 詳細解説ページ >>人間関係の良い働きやすい職場を探す


保育士転職,復職,求人,理想,コツ,保育園,資格
【保育エイド公式ページ】

【保育エイド】人間関係の良い保育園の求人を厳選してご紹介



保育士転職,復職,求人,理想,コツ,保育園,資格同じ転職するなら条件の良い所を探している!という人は

※保育ひろば 詳細解説ページ >>保育士の好条件・非公開求人多数!


保育士転職,復職,求人,理想,コツ,保育園,資格
【保育ひろば公式ページ】

日本トップクラスの求人数!保育の転職は《保育ひろば》へ



関連ページ

ブランクのある場合も保育士として復職できる?
ブランクのある保育士の復職は、マイナスな事はありません! むしろ今の状況としては潜在保育士は必要不可欠な存在になっています。ブランクを、むしろプラスに考えていくべきだと言えます。
保育士不足が止まらない!!待機児童問題は?
保育士の復職は、待機児童問題と関係がある? 待機児童を減らすためにどのような施策が練られているのか?保育士不足と言われている今、改めて検証します。
保育園と幼稚園と認定こども園の違い 特例制度もある最近の事情
保育士資格も幼稚園教諭免許もどちらも取りやすくなっている?保育園と幼稚園と認定こども園。 具体的には何が違うのか?比較して検証していきます。
保育士の働ける場所は?
保育士資格があると色々な場所で働くことが出来ます。 保育園だけではなく、様々な働き先があります。 保育士という経験を生かした転職先にはどんなところがあるのでしょう?
慢性化?保育士不足 保育現場の声とは?
潜在保育士の復職をうながしつつ、保育士不足が慢性化しつつある理由について、説明していきます。厚生労働省の資料を参考に、考えていきましょう!。
多様化している保育の形態?さまざまな状況
保育士の求人が多様化しています。 今までとは状況もかなり変化しつつあるという事を例を挙げながら解説します。保育園だけではない、保育士の働き方とは?
保育士に復職する人しない人。潜在保育士の現状
ここ数年保育士不足と言われています。保育士に復職している人もいますが、もう復帰はしたくないという人もいます。いくつか声を集めてみました。
保育士転職に年齢制限はある? 若さ? それとも経験?
保育士が転職するのに年齢制限はあるのか?転職を考える時期はさまざまですが、転職するのに優ルナノは、若さなんでしょうか?それとも経験なのしょうか?
保育士が転職するのは厳しい?受け入れ先は増えても・・・。
保育士の求人は、今は増えていく一方です。十分に売り手市場となっています。そんな中で、保育士の転職は厳しいとの声もあります。どういう事でしょうか?

 
保育士転職7つのコツ  保育士転職の優良サイト集 保育士から転職する 保育士の転職の方法 転職体験談 保育士が働く場所と収入